top of page

HONGKONGUIDE Store

最近の投稿

約100年前、香港のユンロンで一番大きな教会だった。

一世紀前、ヨーロッパから多くの神父が香港にやってきて、地元の人たちに伝道と牧会を始めた。Valva Didacus D'Ayala神父は、当時ユンロンで最も活発に活動していた一人であった。ある日、彼はカムシンワイ村を訪れ、村人たちが苦労していることを知った。そこで彼はイタリアの家を売り払い、村人たちの借金返済と生活費を援助したのです。村人たちは感動し、洗礼を受けた。そして、村の先祖代々の廟を改築し、1933年に教会「悲しみの聖母チャペル」としたのです。これは当時、元朗で最も大きな教会であった。


このように、中国の伝統的な先祖代々の寺院の上に十字架が乗っていることで、この建物はユニークな外観を呈しています。この建物は1966年に村人に返還され、村人たちのセンターとなりました。2010年に歴史的建造物に指定されました。


注意:カムシンワイ村は小さな村なので、招かれざる客の立ち入りを禁止しています。