top of page

HONGKONGUIDE Store

最近の投稿

香港サファリワイルドライフカントリーパーク

香港市には野生の猿がいて、インド出身であることをご存知ですか?


カムシャンカントリーパークは、野生の猿のマカク王国で有名なため、地元の人々から「モンキーヒル」と呼ばれています。マカクは1920年代に香港英国政府によって輸入されたと信じられていた。なぜなら、政府がそこに貯水池を建設していたとき、水源を汚染するストリキニンの木と呼ばれる有毒な植物の種類があることがわかったからです。そのため、政府は植物を食べるのが大好きなインドからアカゲザル(マカカ・ムラッタ)を輸入した。目標は達成され、植物はすべてマカクに食べられました。その後、マカクは今まで公園にいました。




また、当時は別の種類の尾長ザル(Macaca fascicularis)がペットオーナーによって放たれたとのことで、カムシャン・カントリーパークからはこの2種類のマカクを見ることができます。

#香港のサルの数をコントロールし、サルが人間の餌に頼るのを減らすために、サルに餌を与えることは違法ですのでご注意ください。また、公園を訪れる際は、以下のアドバイスを参考にしてください。


ビニール袋を持ち歩かないようにする。ビニール袋はリュックサックにしまいましょう。

サルがいるときは、食事をしないこと。

猿をじっと見ていると刺激されます。

サル、特に赤ちゃんには近づかない。特に赤ちゃんには近づかない。


猿は野生動物なので、常に注意してください。カムシャンカントリーは、モンコックから15分という好立地にあります。景色もよく、ハイキングも楽しめる。