top of page

HONGKONGUIDE Store

最近の投稿

トレジャーハンティング 香港の伝統的な陶磁器キッチンウェアをお土産に インディ・ジョーンズのように



看板もなく、小さな店だが、意外に目を引く。実はこの店、香港島の西營盤(サイインプン)にある「福成元記」という店なのだ。


この店を経営するおじさんは、昔別の場所でもっと大きな店を経営していた父親から事業を受け継いだ。この店では、昔香港の家庭でよく使われていた古いデザインの陶器のキッチン用品をたくさん売っている。


そのため、地元の人々は店主を「酉の鉢おじさん」と呼んでいる。香港の象徴である有名な酉の鉢を買うために、多くの人々がこの店を訪れるからだ。酉の鉢は前世紀の香港では、タイ・パイ・ドンや家庭のいたるところでよく見かけた。しかし、私はモダンなデザインが好きではないし、あまり縁が感じられないので、酉の鉢は買わなかった。


しかし、小さい頃に叔父が使っていた緑色の茶碗を見つけた。確かに、私はそれが何という名前なのか知らなかった。酉の鉢のおじさんが「玉竹杯」と教えてくれた。もうひとつはまだ店にある。


もうひとつ、酉の鉢おじさんが「昔、お粥屋さんでよく使われていた」という鉢を買った。そこで私は、酉の鉢おじさんがとても